記事を検索

2012年10月21日日曜日

フレッシュヴォイス from 青年・学生

私たちのことを一番理解してくれる

Hさん(K大学3回生)

私は今年六月二十一日に入党しました。国民のことを思う政治ができる政党は日本共産党しかないと思い決意しました。

現在私は学生ですが、私を含めた若者は今の社会に憤りを感じていると思います。学費が高い、アルバイトでは休憩さえもらえず働かされる。このような現状を「仕方がない」と思い日々を生活している若者は少なくないと思います。

しかし、この今の日本社会が「当たり前」ではなく、「異常」であることを私たちは今の日本政府に訴えるべきだと強く思います。私たち若者から声をあげて今の日本社会を変えていくことが大切です。

日本共産党は私たちの気持ちを一番理解してくれる政党です。この政党とともに国民が主役の社会をつくっていけたら良いと思います。

(2012年10月21日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次