記事を検索

2012年9月2日日曜日

「放射線副読本」学習会:9条の会にしわき

文科省の狙い原発再稼働


憲法9条の会にしわきが「放射線副読本」学習会を8月26日、西脇市カルチャーセンターでひらき、20人が参加しました。

文科省が震災7カ月後発行、全小学校生徒に配布した小冊子『放射線について考えてみよう』をもとに、講師は小学校教諭の細見健一さんです。

人体への影響についての記述など、多くの問題点が指摘されました。

参加者からも「子どもを守るという立場がまったく感じられない」「文科省の作成意図は明らかに原発再稼働へ向けたもの」「ぜひ批判的実践をやってほしい」「子どもたちに真実を丁寧に教えることが大切だ」など活発な意見が出されました。

(2012年9月2日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次