記事を検索

2012年9月9日日曜日

フレッシュ ヴォイス(1)

貧困と格差の社会変えたい

Kさん(東灘・灘・中央地区)

国際社会での児童労働の問題に私は関心があり、将来はILOの職員になりたいと考えていた中で入党のお誘いを受けました。私にとって党に入るのは何の違和感もなくごく自然なことでした。

入党してからはものごとの背景にある貧困と格差の問題について思いをはせることが多くなりました。

例えば先日家族で長野県へ行く途中、渋滞にまきこまれました。渋滞の原因はトラックの事故でした。時間も早朝だったので、深夜から走っていた長距離トラックでしょう。長距離トラックはよく事故を起こしていますがやはりその背景には過酷な労働条件があるし、なぜそうなるかというと価格競争の中で人件費を下げるから。

また、大阪の町を歩いているとホームレスの方が多い。ふと「この人にもかつて家族がいてあたりまえの生活があったんだろうな」と考えるとすごく泣けてきて、これは本当に変えないといけないと思うようになりました。

そのためにも仲間を増やして頑張りたいと思います。


(2012年9月9日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次