記事を検索

2011年1月16日日曜日

日本共産党が各地で成人式宣伝


成人の日の一月十日、日本共産党は、いっせい地方選候補者を先頭に尼崎・宝塚・神戸・姫路各市の成人式会場前で「国と地方の政治の流れを変えれば青年の願いもかないます」とお祝いと励ましの宣伝を行いました。

写真:神戸市の成人式会場(ホームズスタジアム)前で宣伝する日本共産党の神戸市議・県議予定候補ら


(2011年1月16日付「兵庫民報」掲載)





姫路市では、5709人(2010年11月8日現在)が成人を迎えました。

市主催の成人式が姫路市文化センターで開催され、日本共産党の杉本ちさと県議と大脇和代、谷川まゆみ、入江次郎の各姫路市議が街頭から訴えました。

杉本県議は「若者の就職や雇用問題の解決はじめ政治を変えるためともに力をあわせましょう。4月には、いっせい地方選挙があります。成人の意思を示し政治を動かしましょう」と訴えました。(姫路市議団事務局 岡村)

(Web版のみの掲載)



宝塚市では、ねりき恵子県議と宝塚市議団が新成人にお祝いのあいさつを送りました。










(Web版のみの掲載)

日付順目次